C#プログラミング入門!初心者向け その12 ループ ②for文

ビジュアルスタジオC#
Visualstudio

ループ処理について

みつる君
みつる君

こんにちは、今回から、ループ処理 について説明したいと思います。

繰り返し同じ処理をすることをループ処理といいます。

for文

みつる君
みつる君

まずは、for文から学んでいきます。

繰り返し回数が事前にわかっている場合は、for文を使用します。ループ処理では、このfor文がよく使用されます。しっかり学びましょう。

構文

for (初期化式; 条件式; 更新式)
{
// 繰り返し実行する処理
}

コード例

マリさん
マリさん

初期化式とは、ループの最初に一度だけ実行される式で、変数の宣言や初期値の設定などを行います。

条件式とは、ループを続けるかどうかを判定する式で、真の場合はループを続け、偽の場合はループを終了します。

更新式とは、ループの最後に実行される式で、変数の値を変更したり、カウンターを増減させたりします。

繰り返し実行する処理とは、ループの中で何度も実行される処理で、画面に出力したり、計算したり、別のメソッドを呼び出したりします。

では、実際に1から10までの数字を順番に表示するプログラムを作ってみましょう。以下がそのコードです。

using System;

namespace ConsoleApp1
{
    internal class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
          // For文で1から10までの数字を順番に表示する
          for (int i = 1; i <= 10; i++)
          {
              Console.WriteLine(i);
          }
        }
    }
}

みつる君
みつる君

このプログラムでは、初期化式でint型の変数iを宣言し、1に初期化しています。

条件式では、iが10以下であるかどうかを判定しています。

更新式では、iに1を加えています。繰り返し実行する処理では、Console.WriteLineメソッドでiの値を画面に出力しています。

このプログラムを実行すると、以下のように1から10までの数字が順番に表示されます。

実行結果

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

みつる君
みつる君

 For文は非常に便利な文ですが、使い方に注意しないと無限ループに陥ったり、思わぬバグを引き起こしたりする可能性があります。

例えば、条件式を間違えて常に真になるような式にしてしまったり、更新式を書き忘れたりすると、ループが終わらなくなってしまいます。

また、初期化式や更新式で変数のスコープや寿命に関わる操作をしたりすると、意図しない動作やエラーが発生することがあります。

For文を使うときは、必ずループの開始条件と終了条件を明確にし、変数の管理に気をつけましょう。

あとがき

みつる君
みつる君

以上が、C#プログラミング入門!初心者向け ループ For文についての説明でした。For文はC#プログラミングの基本中の基本ですので、しっかりと理解しておきましょう。次回は、もう一つのループ文であるWhile文について説明します。お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました