C#プログラミング入門!初心者向け その6 (変数を覚えよう!②数値)

ビジュアルスタジオC#
Visualstudio

数値変数とは何か?

みつる君
みつる君

前項では、文字列の変数を覚えましたが、今回は、数値変数について覚えましょう!

数値変数を使用する

みつる君
みつる君

では、数値変数を用いてみましょう!

using System;

namespace ConsoleApp1
{
    internal class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            int number;
            number= 5;
            Console.WriteLine(number);
        }
    }
}

みつる君
みつる君

実行結果は

5

みつる君
みつる君

実行結果は同じです。

マリさん
マリさん

9行目のintのデータ型は「整数型」を示しています。

上記は「変数の宣言」といいます。

10行目は「number」の箱の 「5」 という数値を入れます。
数値は、””(ダブルクォーテーション)は、必要ありません。

Console.WriteLine( number );の結果は、 number の箱に 5 が入っているので
5  になります。

※参考 変数 number をaにかえても同じです。aという箱のようなものに5が格納され、Console.WriteLine(a);で 5 が表示されます。

using System;

namespace ConsoleApp1
{
    internal class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            int a;
            a = 5;
            Console.WriteLine(a);
        }
    }
}

変数の宣言と値の代入を1列にできます

みつる君
みつる君

int number ; //変数の宣言
number = 5; //数値の代入
の2行を1行にするには、int number = 5; で可能です。

using System;

namespace ConsoleApp1
{
    internal class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            int number = 5;
            Console.WriteLine(number);
        }
    }
}

みつる君
みつる君

実行結果は

5

みつる君
みつる君

結果は同じです。

小数点を扱う数値の場合は

みつる君
みつる君

では、numberの値を5から5.55にかえてみよう。

using System;

namespace ConsoleApp1
{
    internal class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            int number = 5.55;
            Console.WriteLine(number);
        }
    }
}

みつる君
みつる君

実行結果は

ERR

みつる君
みつる君

エラーになってしまいます。なぜかというと、intは、整数を扱う、変数だからです

マリさん
マリさん

下記は、データ型の一部です。intは整数ですので、小数点が扱えません。この場合、 doubleなら扱えます。

int整数
float単精度実数
double倍精度実数
bool論理型(falseかtrue)
string文字列型
using System;

namespace ConsoleApp1
{
    internal class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            double number = 5.55;
            Console.WriteLine(number);
        }
    }
}

みつる君
みつる君

実行結果は

5.55

みつる君
みつる君

正しく、実行できます。変数を宣言するときは注意が必要です。

マリさん
マリさん

そのほかの数値型変数についても紹介しておきます。

C# 型.NET 型説明データの範囲
sbyteSystem.SByte符号付きバイト-128 ~ 127
byteSystem.Byte符号無しバイト0 ~ 255
shortSystem.Int16符号付き16ビット整数-32768 ~ 32767
ushortSystem.UInt16符号無し16ビット整数0 ~ 65535
intSystem.Int32符号付き32ビット整数-2147483648 ~ 2147483647
uintSystem.UInt32符号無し32ビット整数0 ~ 4294967295
longSystem.Int64単精度浮動小数点-9223372036854775808 ~
9223372036854775807
ulongSystem.UInt64符号付き64ビット整数0 ~ 18446744073709551615
floatSystem.Single符号無し64ビット整数-3.402823E+38 ~ 3.402823E+38
doubleSystem.Double倍精度浮動小数点-1.79769313486232E+308 ~ 1.79769313486232E+308
decimalSystem.Decimal10進数浮動小数点-79228162514264337593543950335 ~ 79228162514264337593543950335
タイトルとURLをコピーしました